Tempo Drop | テンポドロップ | ストームグラス

テンポドロップは、19世紀にヨーロッパの航海士などに天候予測器として使用されていたストームグラス(天気管)から発展したインテリアオブジェです。
ガラス内には樟脳やエタノールなどが密封され、気候の変化に反応して起こる結晶を観察することで天候予測に役立てられていました。

固形分が完全に底に沈み、液体が透明になれば晴れ、沈殿物が増えて星形の結晶が溶液中を浮遊すれば雨に変わり、固形分の一部が溶液の表面で大きな葉の形になれば嵐になる。。

金平糖のような結晶や葉っぱのような結晶になったり、とても暑い日には澄み切きってしまうことも。。!!?

現代では予測器としての実用は難しいのですが、玄関やお部屋に置くだけで気候の変化で結晶の変化を観察できます。

机や窓際に置いて、毎日観察してみましょう!


《サイズ》
φ115mm×H205mm

《素材》
ガラス:硼珪酸ガラス
木座:ブナ材
混合液:水/エタノール/天然樟脳/塩化アンモニウム/硝酸カリウム

《注意事項》
 ●ストームグラスは環境によって結晶化するまでの時間が異なります。パッケージから出して設置し、室内環境になじんで安定するまでに約1〜2週間かかるといわれています。
●設置場所の環境によりますが、樟脳は経年変化で徐々に飴色に変化します。直射日光に当てると変色が早まりますのでご了承ください。変化によって結晶化が劣化していくことはございません。
●ストームグラスは特に気温の変化に反応します。設置する際は空調機が直接当たらない、気温の変化が起こりやすい玄関などの場所がおすすめです。

価格 :  5,940 円(税込)

数量