"オーガニック栽培向け薬剤" 花・ハーブ・果樹の虫/病気対策に

自分で作る野菜はオーガニック栽培で育てたい。使うものの成分にもこだわりたい。
そんな方におすすめの、天然物由来や身のまわりにある成分を使用した家庭園芸用薬品。


 


---商品の特徴---
  • ・様々な野菜やハーブ、果樹などで使えます。
  • ・有機JAS規格(オーガニック栽培)で使用可能な食品成分から生まれた殺虫殺菌剤です。
  • ・ワイド&集中噴霧切り替えノズルから噴霧される薬剤がアブラムシ、コナジラミ、ハダニ、うどんこ病をしっかり包み込んで退治する「物理防除剤」で、化学合成剤に抵抗性のある害虫や耐性のある菌にも効果的です。
  • ・イヤな臭いもなく、野菜や果樹の収穫前日まで使え、使用回数の制限もありません。
 


---ご確認ください---
・凍結した場合、解凍後、白濁することがあるが、その場合はよく振り混ぜてから使用する。
・散布液が直接害虫にかからないと効果がないため、葉の表裏の害虫にむらなく薬液がかかるよう丁寧に散布する。
・害虫の卵には効果がなく、残効も短いため、夏期高温時など害虫の増殖や外部からの飛び込みが活発なときには、5〜7日間隔の連続散布や他剤との輪番で使用する。
・いちごに使用する場合、高温時の使用は避ける(薬害)。
・使用に当たっては、使用時期、使用方法などを誤らないよう注意する。
・カーネーションに使用する場合、茎葉のワックス層が溶け、白っぽい茎葉が濃緑色になる等の薬害を生じる場合があるので、初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分に確認してから使用する。
・適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。

 

価格 :  875 円(税込)

数量